日本エコシステムで太陽光発電をスタートさせよう│住宅快適化ナビ

家

外壁を強く美しくする

家

調湿効果が高い

住宅の外壁というのは日々の気候変動から室内を守ってくれています。特に台風や豪雨が多発している地域では、住宅の外壁劣化も激しいでしょう。こうした外壁は定期的に外壁塗装をして補修工事を行なう必要があります。しかし、外壁の補修工事だけでなく、室内の壁も定期的に補修してあげることが大切です。古い壁材を使用している住宅などは塗り壁に変えておくのが良いでしょう。塗り壁をすることによって、室内の調湿効果がアップすると言われています。湿気を吸収してくれるので、雨や暑い夏の日など湿気の多い時期でも快適に過ごすことができるのです。

化学物質の心配も無い

塗り壁の場合、壁材に化学物質を使用しないのでアレルギー反応の心配をする必要が無いのも1つの特徴です。引越先に入居した時から体調不良が長く続くという人は化学物質が含まれた壁材が原因になっている可能性もあります。塗り壁の場合、ほとんどが天然素材で出来ている為、室内の壁に利用してもアレルゲン物質となりません。また、塗り壁は、一昔前に壁材として多様されていたホルムアルデヒドを吸着し、分解する働きも持つと言われています。これから子供が産まれるという家庭や、幼い子供がいる家庭は子供の身体のことを考えて塗り壁に変えておくのが良いでしょう。塗り壁は化学物質の心配が無いだけでなく吸音や遮音といった効果もあります。壁材は多くありますが、できるだけ塗り壁のように身体のことを考えた壁材を選ぶのが良いでしょう。